Ristorante Orobianco リストランテ オロビアンコ

イタリア料理
中内 謙一
シェフ

中内 謙一(ナカウチ ケンイチ)

料理を考え創る。自分自身を磨くことに繋がると考えています。料理を創ることは誰かを想うことと一緒であり、自分も誰かの為に何かを出来る人間でありたい。このことが今の私と料理の関係です。

ポルト酒香る 鹿児島産薩州牛サーロインのマリネ 彩り野菜のキャラメリーゼと共に
エントリー作品

ポルト酒香る 鹿児島産薩州牛サーロインのマリネ 彩り野菜のキャラメリーゼと共に

カルパッチョをイメージし、今回のテーマである料理遺産を意識して新しい彩り、冷製の肉料理を作りました。薩州牛の甘くとろけるような味を活かし、マリネすることによってより肉を柔かく仕上げました。キャラメリゼした野菜の甘みと酸味のあるソースで全体の味のバランスを考えた一品です。

窪藪 成記
シェフ

窪藪 成記(クボヤブ シゲノリ)

僕は食べる事が大好きです。それが講じ、料理をするようになり、今こうして飲食業に携わっています。僕にとって料理とは記憶です。色々な場面での料理があり、料理によって癒され、いつまでも心に残っています。その時の味を思い出せば、その時の出来事も蘇ってくるのです。作る側の人間として、人々の記憶に残る料理をと日々、努力しています。これからも食という魅力的な文化を堪能していきたいと思っています。

紀州南高梅と山の幸が入ったホロホロ鳥のインボルティーニ 甘酸っぱい蜜柑のソース
エントリー作品

紀州南高梅と山の幸が入ったホロホロ鳥のインボルティーニ 甘酸っぱい蜜柑のソース

僕の料理の原点は祖母、母の味です。僕の家は農家という事もあり、食卓にはいつも新鮮な野菜が並んでいました。暮らしの中で育ち知った食材になるまでの野菜の大事さ、それを昔の知恵を使い食材を生かしていく、地元に対する感謝の意を和歌山で育ったホロホロ鳥の中に込めました。調理法は祖母や母とは違えども、自分なりに故郷の香りが味える一品に仕上げました。南高梅の甘みとホロホロ鳥との調和。筍と蒟蒻の食感、蕗の旨み、そして蜜柑の爽やかさを感じて頂ければ、和歌山を想像してもらえればと思います。

※本文中に記載されている情報は、「ぐるなびシェフ BEST OF MENU 2009」応募時(2009年2月27日)のものです。