個室・炉端料理 かこいや 新宿店

新宿 個室 居酒屋
雁部 滋博
シェフ

雁部 滋博(カリベ シゲヒロ)

食べるということは何かの生命を犠牲にするということ。 『いただきます』はその生命に敬意をはらう言葉。 料理人はその生命を昇華させるのが使命だと思っています。 まだまだ至らない点が多いけれど、これからは食べる人も食べられる食材も 大切にすることができたらいいですね。

〜彩を食べよう〜 かもねぎのしょうが焼き ほっとHOTソース
エントリー作品

〜彩を食べよう〜 かもねぎのしょうが焼き ほっとHOTソース

フードカラーセラピーというものがあります。例えば赤い食べ物を食べると活力が湧くとか。 今回使った食材は 赤・鴨肉、りんご『活力が湧く』 オレンジ・にんじん『気持ちが暗くなったとき元気付けてくれる』 白・ねぎ『強いエネルギーと前向きな思考を与えてくれる』 緑・オータムポエム『心の安定とストレス軽減』 黒・黒ゴマ『落ち着きと自信を与えてくれる』 などの効果があります。 もちろんメンタル的な部分意外にも、鴨・ねぎ・しょうが・にんじん・くるみ・ごまにはカラダをあたため、滋養をつける効果があるといわれています。 色鮮やかなものを食べてほっとする。 体をあたためるものを食べてHOTになる。 この料理にはそういう思いがこめられています。

※本文中に記載されている情報は、「ぐるなびシェフ BEST OF MENU 2008」応募時(2008年2月29日)のものです。