権太呂 岡崎店

鍋料理、うどん・そば処
杉本 茂
シェフ

杉本 茂(スギモト シゲル)

私は常々、料理とは「手品」だと考えています。色々な食材に対し“調理”というタネを仕込むことによって、おなじみの食材でも全く想像もつかない料理に変身する。お客様は運ばれてきた料理を見てそして味わう。「この料理はどうやって調理してあるのだろう?」という声が聞こえてきたら料理という手品は成功です。そこにお客様の驚きがあり、感動があると思います。私はこの驚きを料理に盛り込む様に心掛け、調理をしております。

京湯葉あんかけそば
エントリー作品

京湯葉あんかけそば

歴史と文化の街京都。市内各所に点在する寺院は、日本国内のみならず、世界的にも有名です。寺院の歴史と同じく長きに渡り受けつがれてきたのが精進料理。とりわけ湯葉を使った料理は「東寺揚」などと、寺の名そのものが付いています。又、そばも江戸時代以来、日本の粋文化をささえる食材であり、この2つの伝統的食材を、独自のアレンジで融合させることが出来、新しい型で後生に伝える料理が出来たと思っております。

※本文中に記載されている情報は、「ぐるなびシェフ BEST OF MENU 2009」応募時(2009年2月27日)のものです。