材料・分量

※材料、分量は4人分です。
材料 分量 備考
【 みたらし有明あん 】
濃口醤油 50cc
100cc
砂糖 100cc
バラ干し海苔 3g ※佐賀海苔
水溶片栗粉 適量
【 あしらい 】
季節の甘露煮 適量
笹の葉 適量
【 パンナコッタ 】
生クリーム 200cc
牛乳 100cc
グラニュー糖 12g
板ゼラチン 3g

作り方

【 みたらし有明あん 】
1 醤油・砂糖・水を鍋に入れ、沸騰しない程度で水溶き片栗粉でとろみをつけ冷ます
2 バラ干し海苔は水でもどしザルに揚げキッチンペーパーで水気を切ります
3 1と2を合わせて出来上がり
【 パンナコッタ 】
1 生クリーム・牛乳・グラニュー糖をボールに入れ湯煎にかけます、木ベラで静かに混ぜながら温め砂糖を溶かします(海苔の香りを重視する為エッセンス等は使いません)
2 水でもどした板ゼラチンを加えて溶けたら湯煎から下ろし、氷水で冷煎し、かき混ぜながら荒熱を冷まします
3 流し缶に流し入れ冷蔵庫で冷し固めます
4 ところてん突きのサイズに合わせさく切りし突き出します
【 金柑の甘露煮(季節にあった物を使用します) 】
1 金柑に縦目に切れ目を入れます
2 水・砂糖を鍋に入れ金柑と共に柔らかく味が浸み込むまで煮込みます
【 ぶどう豆の甘露煮 】
1 今回は瓶詰めのものを使用しました
【 盛り付け 】
1 パンナコッタを海のイメージで波状に盛ります
2 みたらしあんを鞍掛けにします
3 季節の甘露煮をあしらい出来上がり

補足事項

今回は金柑を使っていますが、季節に合った物でかまいません。市販の瓶詰・缶詰でもいいです。

Contents
BEST OF MENUについて
BEST OF MENUについて
バックナンバーについて
  • バックナンバー2010年
  • バックナンバー2009年
  • バックナンバー2008年
  • バックナンバー2007年
  • バックナンバー2006年
  • バックナンバー2005年
応募について
協力・後援