参加シェフ&レシピ

赤坂 四川飯店
赤坂 四川飯店
齋藤 文明(サイトウ フミアキ)
シェフ
齋藤 文明 (サイトウ フミアキ)
私にとって料理は趣味でやる位のものだったんですが、今のお店に入社して料理の難しさや厳しさ、趣味のレベルでは感じられない楽しさを学ぶことができます。料理人は朝早くから夜遅くまで勤務時間は長くて大変なのですが、他の仕事では味わえない喜びがたくさんあって毎日充実した日々を過ごしています。自分はまだ未熟者ですがこれから色々な事を学び、お客様に喜んでもらえる料理を作れる一人前の料理人になりたいです。
幸せのホタテブーケ紅白ソース〜人参のリボンを添えて〜
 
エントリー作品
幸せのホタテブーケ紅白ソース〜人参のリボンを添えて〜
この料理は皿全体でブーケを表現しています。結婚式の食事や近々結婚式を挙げァ
宮部 紘明(ミヤベ ヒロアキ)
シェフ
宮部 紘明 (ミヤベ ヒロアキ)
人がおいしい食べ物を食べた時、本当に幸せそうな顔をしている姿を見て、自分もおいしい物、人が幸せに感じる物を作れるようになりたいと思い、料理の世界に入りました。見た目の色どりや味付けを工夫し、お客さんに「おいしかった」と笑顔で言ってもらえるように日々精進しています。
オマールエビの葱風味ソースがけ
 
エントリー作品
オマールエビの葱風味ソースがけ
家族の記念日、いつもとは違った食事をしたいと思う時、ちょっと違った食材を巡
木山 友一(キヤマ トモカズ)
シェフ
木山 友一 (キヤマ トモカズ)
まだ見習いだった頃、一生懸命作った賄いが、先輩方に「うまいなこれ!」と言われた時の気持ちが私の料理の全てです。自分の作った料理(気持ち)が相手に伝われば、幸いなによりです。「筆は剣よりも強し」という言葉は、我々料理人にとっては、「料理は剣よりも強し」になれば良いと思います。
彩り野菜のカルパッチョ
 
エントリー作品
彩り野菜のカルパッチョ
もてなされる喜びをもう一度をテーマに今回の作品を作りました。近年、コンビメ
久江 瑞宏(キュウエ ミツヒロ)
シェフ
久江 瑞宏 (キュウエ ミツヒロ)
自分は、魚屋の息子として生まれたので、これまでの24年間は料理と常にとなり合わせで生活してきました。小さい頃は、気付きませんでしたが、自分が料理人になってから、食べる事の楽しさ、大切さ、そして、お客様に食べてもらえる事の嬉しさがわかるようになりました。これからも、この気持ちを忘れないように料理人として、生きていけたらいいと思います。
中華風仔牛のグリルと野菜のブーケ
 
エントリー作品
中華風仔牛のグリルと野菜のブーケ
自分は、上京して4年になりますが、1年間で家族に会うのは、ほんの数日です。そ
初見 直人(ハツミ ナオト)
シェフ
初見 直人 (ハツミ ナオト)
味はもちろんですが、安全を重視した料理を提供していくことが、調理師として大切なことだと思います。
中華料理屋さんのちらし寿司
 
エントリー作品
中華料理屋さんのちらし寿司
私の小さい頃のご馳走は、祖母が作ってくれる大好きなちらし寿司でした。今回ち
田中 良司(タナカ リョウジ)
シェフ
田中 良司 (タナカ リョウジ)
料理を作るのが好きで、この世界に入り、色々な苦労や困難がありました。しかし、今料理を作るようになり、お客様においしかったよ、この一言ですべてが喜びに変ります。自分にとって料理とは不思議な力を与えてくれる人生そのものだと思います。これから先、初心を忘れることなくやっていかなくてはいけないと思います。
色々食材のフルーツソース
TOP100
 
エントリー作品
色々食材のフルーツソース
大切な日のご馳走というテーマを与えられ、一皿に色々な物をのせてみようと考ち
林 裕之(ハヤシ ヒロユキ)
シェフ
林 裕之 (ハヤシ ヒロユキ)
食べる事が好きな事から、色々な物を自分で作ってみようと思いこの世界に入ったが、料理を作れるようになるには大変な苦労があり、何度も挫折しそうになったが、おいしい物が作れるようになるならという思いが勝り、現在に至るが、十数年たった今でも難しく感じる。ゴールのない果てしなく続く料理の世界のすごさを今、尚強く感じる今日この頃です。おいしいという一言を言って頂けるために・・・。
茄子のお楽しみクレープ捲き
 
エントリー作品
茄子のお楽しみクレープ捲き
子供と一緒に楽しく食事ができるように考えた、最近世間一般で親子の会話が少ち
神子 健(カミコ タケル)
シェフ
神子 健 (カミコ タケル)
料理というものは、味はもちろん、見た目や香りなど、様々な要素が合わさって出来ており、人によって好みも異なり、全ての人を満足させることはとても難しいと思う。又、その部分にやりがいを感じ、料理人という職業を選んだ自分はとても幸せだと思う。
 美味しいものを食べた時、人はみな幸福感を得ると思う。世の中の人全てが幸せになれるよう、ハッピーな料理をたくさん作れるようになりたい。
精美鯛祝冷盤−見た目に鮮やかな鯛を使った祝い前菜
 
エントリー作品
精美鯛祝冷盤−見た目に鮮やかな鯛を使った祝い前菜
お祝いである鯛の刺身で野菜や薬味を包み、きれいに並べている中に、味付けしち
井上 信太郎(イノウエ シンタロウ)
シェフ
井上 信太郎 (イノウエ シンタロウ)
私は、料理とは人に幸せと喜びを与える力があると思っております。人と人とがふれあう時間に料理は常に存在しており、人々の大切な時間、かけがえのない空間にあって、料理はそれをもっと素晴らしいものに変えられるものだと思っております。
 自分の提供した料理で人々の幸せの後押しができることが私の料理人としての一番の幸せです。
中華風鯛の手まり寿司と子持ち白魚の揚げもの
TOP100
 
エントリー作品
中華風鯛の手まり寿司と子持ち白魚の揚げもの
何かと祝いの席や特別な席で料理に使われることの多い鯛と、縁起のよい子持ちち
伊久美 哲平(イクミ テッペイ)
シェフ
伊久美 哲平 (イクミ テッペイ)
自分にとって料理とは人生です。人にとってかかすことのできない料理。人が生きていく上で必要な料理を作る仕事。本能のままに生きてる感じです。食べることが大好きであるからこそできています。料理を通じて色々な人とも出会いがあり、又新しい料理ができていく。料理とは無限●なものだと思っています。
魚麺
TOP100
 
エントリー作品
魚麺
今、高齢化社会になっているので、還暦を迎える人が多いと思い、これからも長甡
菊地 裕(キクチ ユタカ)
シェフ
菊地 裕 (キクチ ユタカ)
料理とは、人を喜ばしたり、時には悲しませたり、怒らせたりする物であり、それが自分のアピールになる事だと思います。そして、何より安全面を重視し、料理をお客様に提供していく事が、私にとっても調理師として大事な事だと思います。
お祝いイカ飯
 
エントリー作品
お祝いイカ飯
私の子供の頃の入学式や運動会の時、母親が朝早くから作ってくれる赤飯が大好ち
矢吹 英生(ヤブキ ヒデオ)
シェフ
矢吹 英生 (ヤブキ ヒデオ)
私が今までで最も興味を持ったのが料理でした。人は味の好みが異なっており、お客様に、おいしい料理をどうしたら提供できるのだろうかという所にやりがいを感じたからです。
モッツァレラチーズ入り伊勢エビのチリソース
 
エントリー作品
モッツァレラチーズ入り伊勢エビのチリソース
私は、伊勢エビを四川で代表料理のチリソースにしました。子供や辛い料理が苦
浜邉 一樹(ハマベ カズキ)
シェフ
浜邉 一樹 (ハマベ カズキ)
料理を作るのは非常に難しく、でもうまく出来た時すごく嬉しいです。将来色々な人に喜んでもらえる様な料理を作りたいです。
ジャガイモ器のエビチリソース煮手羽先の黒酢ソース菜の花を添えて
 
エントリー作品
ジャガイモ器のエビチリソース煮手羽先の黒酢ソース菜の花を添えて
この料理は家庭でも国産豆板醤と黒酢さえあれば簡単に作れます。まずエビのチメ

これまでの応募レシピ

2006年 応募シェフ&レシピ
2005年 応募シェフ&レシピ
※本文中に記載されている情報は、「ぐるなびシェフ BEST OF MENU 2007」応募時(2007年2月)のものです。