参加シェフ&レシピ

TO THE HERBS なんばパークス店
イタリアンレストラン
中井 友美(ナカイ ユミ)
シェフ
中井 友美 (ナカイ ユミ)
子供の頃からお菓子や料理を作るのが好きでコックさんになるのが夢でした。実際この仕事に就く事が出来、あらためて料理の楽しさや奥深さを知る事が出来ましたし、大好きな職場で毎日楽しく働ける事を本当に幸せだと感じています。これからもみんなの美味しい笑顔が見れる様、料理の仕事を頑張っていきたいと思っています。
3種のデリをフレッシュハーブクレープで包んで
 
エントリー作品
3種のデリをフレッシュハーブクレープで包んで
私が働いている「TO THE HERBS」がある灘波パークスは自然と商業空間が一体となっち
高津 友絵(タカツ トモエ)
シェフ
高津 友絵 (タカツ トモエ)
料理は、味はもちろん、見た目の美しさや、香りや、音など五感をフルに刺激されるもの。自分自身のコンディションがすべて料理に表れるような気がする。絵を描く事が好きな自分にとっては、料理もひとつの芸術作品ととらえている。やさしい気持ちで心を込めた料理を作りたいと思う。
兵庫県明石産 飯蛸と魚介の白ワイン蒸しトマトソースとろーりチーズの鉄鍋オムライス
 
エントリー作品
兵庫県明石産 飯蛸と魚介の白ワイン蒸しトマトソースとろーりチーズの鉄鍋オムライス
おだやかで暖かな気候の瀬戸内のキラキラした春の陽ざしと海の幸にぎわう明石海
西島 義博(ニシジマ ヨシヒロ)
シェフ
西島 義博 (ニシジマ ヨシヒロ)
母親の料理もうまいが男の人が作る料理が大好きです。作る工程の豪快さや取り掛かるその姿にも惚れてます。父は料理人ではありませんが、よく手軽で簡単おいしくておなかがいっぱい幸せいっぱいにしてくれました。だから料理をする男性は大人の男のイメージでもあります。こうして今たくさんの人に料理を作っている僕はきっと幸せです。いつだってお腹を空かせている人がいると思うと優しい気持ちになれる。これからもおいしいものを。
八尾産ごぼうの春の訪れスパゲティー
 
エントリー作品
八尾産ごぼうの春の訪れスパゲティー
知らない方もいられるでしょうが、大阪の八尾市では昔から若ごぼうが春を運んち
野元 丈弘(ノモト タケヒロ)
シェフ
野元 丈弘 (ノモト タケヒロ)
私にとって料理とは、人生を180度かえたものであります。何も興味をもたなかった自分が料理と出会い食材の事や言葉の意味などを、自分から知りたくなり本や辞典を読んで勉強したりと、料理の事を考えると、とても楽しく時間がすぎるのが早いです。今、自分から料理をとってしまったら何も残りません。今、私にとって料理はすべてだと思います。
二色のサツマイモスープ豆乳仕立て
 
エントリー作品
二色のサツマイモスープ豆乳仕立て
鹿児島名産薩摩芋をポタージュベースではなく、今女性に人気の豆乳を使い、たち
加藤 大和(カトウ ヒロカズ)
シェフ
加藤 大和 (カトウ ヒロカズ)
料理自体は15才の頃からガストで6年ほどアルバイトをして地元のレストランに就職しました。何事も長続きしない性格でしたが料理だけは楽しく自分の天職だと実感しています。24才の時に自分を大きく変えようと鹿児島でトゥーザハーブスに入社しました。自分自身、料理は身近にある音楽、景色や風景、経験を生かせるとても刺激的な最高の職だと思います。
黒豚とポルチーニの煮込みSAKURAJIMAスタイル
TOP30
 
エントリー作品
黒豚とポルチーニの煮込みSAKURAJIMAスタイル
特産物を取り入れるだけではなく、鹿児島のシンボル桜島をイメージして調理しち
※本文中に記載されている情報は、「ぐるなびシェフ BEST OF MENU 2006」応募時(2006年2月)のものです。