作品名
鯛味噌つけたんぽ ひつまぶし風
佐々木 真也
佐々木 真也
四季菜食えびす坐
料理に対する想い
食を通じて、元気、喜び、夢を与えていける調理人でありたい。そして笑顔をたくさんもらいたいです。
材料・分量【材料4人分】
材料 分量 備考
【煮穴子】
穴子 50g 瀬戸内産
味淋 300cc
300cc
濃口醤油 100cc
600cc
【牡蠣】
濃口醤油 100cc
100cc
みりん 100cc
牡蠣 4切
【鯛みそ】
26g 瀬戸内産
京桜みそ 28g
白みそ 4g
みりん 10g
さとう 10g
【ごはん】
120g
八穀米 20g
180cc
【吸物】
一番出汁 600cc
小1
うす口醤油 小2
作り方
【御飯】
1 炊飯器に米と八穀米を入れ、水を加えて、15分間浸透させて、炊きあげる。
【鯛みそ】
1 鯛は3枚におろして、中骨、皮を取り、適当な大きさに切って、オーブンで8分焼く。焼けた鯛はペーパーで余分な油を取り、鍋に入れて、焦げない様に、形が残らないまで煎って、その他の材料を混ぜ、火を加え、火が通ったら、冷まして置く。
【煮穴子】
1 穴子は背びれ、中骨を取り、熱湯をかけてぬめりを取る。鍋に調味料を入れ、沸かし、穴子を加え、軽く煮つける。冷ましてカットする。
【カキ】
1 醤油、酒、みりんを合わせて、カキを漬けておく(1h)。余分な水気を取り、オーブンで焼く。
【工程】
1 御飯を手で握れるくらいにつぶして、しゃもじにつける(50g)。サラマンダー(上火)で乾かす程度に白焼きする。白焼きしたら鯛味噌をつける。
2 1の御飯の上に、カキ・穴子をそれぞれのせ、焦げ目がつく程度に焼きあげる。皿に盛る。
3 吸物の材料を鍋に入れて沸かす。2.に添えて、薬味(レシピ外)、わさび、ねぎ、のりを好みで添え、提供する。